RSSリーダーで購読する

温もりのあるビートとラップに乗って、あたたかい我が家に帰ろう ~Home By Illa J~

/ 2017年9月17日 /

伝説の……と言われるほどの存在であるビートメイカー、J・ディラの弟であり、ラッパーとして活動するイラ・Jの通算3作目。タイトルは『ホーム』。このタイトルにしたのは、この作品には我が家のようなあたたかさがある、あるいは家族同士の思いやりの心みたいなものを込めた……、からではないかと、そんなことを思いました。

この作品にあるのはそんなあたたかさ。丸っこいビートとほっこりとした質感のウワモノのサウンドが基調になっていて、ヒップホップにカテゴライズされる作品でありながらも、イカツさは皆無。ネオ・ソウルに通じる温もりが全編を覆っています。

そしてイラ・Jはあたかみのあるトラックに軽やかに乗ってたゆたうように、ラップと歌を行き来します。夕暮れ時、我が家に帰る道すがら聴こえてくる歌声のように聴こえなくもない? あたたかい音に彩られたこのヒップホップは、これからの秋の季節に合いそうです。





このインストゥルメンタル・ヒップホップ/ブレイクビーツは美しく、優雅に…… ~L a g o o n By Mujo情~

/ 2017年9月16日 /

ビートはゆったりと優雅に、ウワモノのサウンドは美しく……。どこか美しいところがある、どこか優雅なところがある、ジャズのテイストを織り込んだインストゥルメンタル・ヒップホップ/ブレイクビーツが並んでいます。

作者はハンガリーのMujo情と名乗るビートメイカー。この作品にある美の感覚はヨーロッパの人ならではの感性によるものなのでしょうか。ヨーロッパの古い映画のサウンドトラックとして使われていそうであり、ヨーロッパの古く美しい街並みを想起させるようでもある、そんな音楽です。

そしてそういった感覚を生んでいるのは、これって、1920年代、1930年代、1940年代のジャズ?というほどに何だか古めかしく響くジャジーなフレーズ。古い時代の美しいジャズの旋律が聴こえてきます。この美しさ、優雅さに……、とりあえず浸っていましょう。



今日のベストの1曲 日本のヒップホップ編 ~テキトーILL By GREEN ASSASSIN DOLLAR Feat.MOMENT.~

/ 2017年9月13日 /

日本人ビートメイカー、グリーン・アサシン・ダラーのプロデュースによる曲。このビートメイカーが作るインストゥルメンタルの曲が素晴らしいことはよく知っております。そしてラップが入ったこの曲……、これも素晴らしいよ!

冒頭で聴こえてくる、甘口のソウルやR&Bから拝借したような、なまめかしく響くキーボードの音からしてもう最高ではないですか。ラッパーの声のヤサぐれ具合もいい感じで、トラックはやや甘く、ラップはやや辛く……、甘さと辛さのいいブレンド。



そよ風のようにやさしく響く自然派エレクトロニカ ~Laby+ By KETA RA~

/ 2017年9月11日 /

みんな、自然に帰ろう。山へ、川へ、野原へ……、みんな、帰るんだ。このキュートでファニーなエレクトロニカはそう呼びかけている……、かもしれません。これは言うなれば、自然派エレクトロニカ?

作者はケタ・ラ(KETA RA)と名乗る日本人ギタリスト。この作品は空想のゲーム音楽として作成したというだけあって、ピコピコと鳴る、確かに昔のゲームで使われていたような記憶がある電子音が主体になっています。

しかしそれでいてオーガニックな感触もあるのがこの作品の大きな特徴です。ピコピコと鳴る電子音と交錯する、つま弾いたアコースティック・ギターの音がオーガニックな質感を加えています。

5曲目「Morahnge Fountain」、8曲目「Beating!」で感じる、森の中を、もしくは草の上を吹き抜ける、そよ風を思わせる音……。この音がこの作品の特徴をもっとも分かりやすく表現しています。そしてこの音の気持ちよさといったら!



日本の北から届いた流麗なヒップホップ ~HJ7 Blends #28 By DJ Maruyama~

/ 2017年9月8日 /

このスムースなノリ、いや、グルーヴって言うのかな? やっぱりこういうヒップホップも必要でしょう! やわらかく弾むタフでファットなリズム、艶っぽく流麗に流れるウワモノのメロディ……。それらが交錯し、生まれるスムースなグルーヴが気持ちよく、心地よく感じられます。

北海道で活動するDJ、DJ MaruyamaによるDJミックスはそんな仕上がり。ア・トライブ・コールド・クエストやブラック・シープなどの1990年代のもの、ジョーイ・バッドアスやフレディ・ヨアキムといった最近のもの、そしてヨータローやブダモンクといった最近のアンダーグラウンドのものまで使っています。Flofilzも!

洗練されたアーバンな雰囲気とヒップホップらしいワイルドさが混じり合い、女子も男子も揺らす、また、心地よくチルアウトさせもする……。家でまったりと聴くのがよさそうです。それでは酔いましょうか……。



Tracklist:

Suite For Ma Dukes – Find A Way
A Tribe Called Quest – Find A Way
Janet Jackson – Got ’Til It’s Gone (Feat. Q-Tip)
Flofilz – Dulce
Black Sheep – Without A Doubt
Freddie Joachim – L&H
Joey Bada$$ – Super Predator (Feat. Style P)
Rob-O – Mention Me (Inst)
Cockroacheee’z – Poor Brain (Chronic Ver.)
J-Dilla – Jay Dee 42
Yotaro – Sword
Budamunk & Masta Ace & DJ Hart – Cool
Coops – Lonely
Tek & Figub – We Are Hip Hop (Feat. Noritsu)
IO – Cheek My Ledge (Feat. Yushi)
Elaquent – The Look (Tou Know What Love Is)
Sraw & East – Round
DJ Mitsu The Beats – Park Walk
J. Rawls – Far Away (Feat. Apani B.Fly & Mr. Complex)
Fat Jon – Isolation
Chuva Chuva – Cry

 
Copyright © 2010 The Day's Sounds, The Day's Words , All rights reserved
Design by DZignine . Powered by Blogger