RSSリーダーで購読する

MatatabiとJunonkoalaによるコラボレイト曲がいい感じでございます ~Two Beast Shadow By Matatabi & Junonkoala~

/ 2015年9月30日 /

過去にすでにリリースされた曲のようなので、新曲ではありません。それでも、とてもいい曲なので、ここで紹介します。このブログによく登場する、日本人ビートメイカーのMatatabiが関わっている作品です。

Junonkoalaと名乗る日本人MCが参加していて、Matatabiらしいユルい雰囲気を漂わせるトラックと、Junonkoalaのちょっとヤサぐれた声が重なり合う、暗がりを浮遊するような曲に仕上げています。

イルな感じというか、あるいはドラッギーな感じというか、ぶっ飛ぶという感覚とは少しちがう、ちょっとトリップする感じがあるのがいい! Matatabiのソロの曲にある独特のユーモアみたいなものは少し後退し、ダークなワルい雰囲気が前に出てきている印象を受けます。



夏の終わりのステキなインストゥルメンタル・ヒップホップ、もしくはブギー・ファンク ~sunset ride By APO ザ·犬 。~

/ 2015年9月28日 /

あまりにステキな冒頭のキーボードのフレーズに一発でヤラれました。音楽のジャンルとしてはシティ・ポップのテイストを加えたインストのヒップホップ、もしくはユルいブギー・ファンク……といった感じでしょうか。

都会の夜景を見下ろしているような気持ちにさせるアーバンな雰囲気、そして過ぎ去った夏の思い出を思い起こさせるような切なさ……、そういった要素がバランスよく同居していて、いやー、ステキです!

作者は“APO ザ·犬 。”と名乗るデンマークのビートメイカーのようです。この曲にハートをつかまれた者としては、このユニークな名前にだまされてはいけないと言わなくてはなりません。

「sunset ride」の1曲で販売しています。この1曲のために買う価値のあるステキな曲です。投げ銭制で販売されているので、値段を決めて買ってしまいましょう。



パーティっぽい華やかな雰囲気のあるポップなヒップホップ ~loveloveEP By Bohan Pheonix and Jachary Beats~

/ 2015年9月25日 /

Bohan Pheonixというアメリカ・ニューヨーク在住の中国人?と思われるMCと、アメリカ人ビートメイカーのJachary Beatsなる人物のコラボレイト作品がいい感じ。というわけで、紹介します。

まずはBohan Pheonixのイキのいいラップが耳に気持ちよく入ってきます。そしてちょっとジャズ・ファンク寄りの軽くハネる、軽くファンキーなJachary Beatsによるトラックがいい! トラックの上で言葉がハネ回るよう。

リズムがそれほど強調されていないからなのか、キレのいいギターの音やホーン、ピアノの音が前に出てきています。また、これらの音の鳴り方が華やかなので、パーティっぽい感じがあります。ジャズ・ファンクのバンドが作ったかのような印象を与えるトラックです。

イカツさはなく、あくまでも軽やかに展開していくポップなヒップホップ。



グリーン・アサシン・ダラーによるリミックス集 ~REMIX​.​TAPE VOL​.​1 By GREEN ASSASSIN DOLLAR~

/ 2015年9月24日 /

このブログでよく取り上げている日本人ビートメイカーのグリーン・アサシン・ダラーがリミックス集をリリースしていました。リミックスになっても相変わらずのカッコヨサ! 安心して聴いてください。

普段リリースしているインストゥルメンタル作品(ビートテープ)と比べると、やや素直?というか、ヒネくれていない?というか、そんな印象を受けました。それでも暗闇にもぐりこむようなダークなサウンドは健在。それが一番の魅力です。ダークなサイケデリック・ヒップホップといった感じかな?

タイトルに“VOL​.​1”とあるので、“VOL​.​2”があるはず! 楽しみに待ちましょう。



今夜はファニーで愉快なジャジー・ヒップホップで軽く踊りましょう ~the blues ep By Jack CC~

/ 2015年9月21日 /

思わず小躍りしたくなってしまいますね、これ。ファニーで愉快な雰囲気の楽しいジャジー・ヒップホップです。怒り狂っている人の表情もユルめてしまいそうな、ユル~くスイングする古いスイング・ジャズとヒップホップを絡み合わせた感じ?

作者はイギリスのJack CCというビートメイカーなのか……、MCなのか……。どちらか分からないのはとりあえず置いておきましょう。冒頭で聴こえてくる、何だか気の抜けたサックスの響きと、楽しげな女性シンガーの歌声からして、もう最高。まったりと、そしてうっとりとさせてくれて、その上、躍らせてくれます。

ネタにするジャズが独特で、他のビートメイカーがそれほどネタにしないような古めかしいジャズを参照しています。バンドキャンプのページに“オールドスクール・ジャズ”と書いてあるのを見て、なるほどこれはいい表現だなーと思いました。この言葉がよく似合う作品です。

ラップが入っている曲が3曲と、その曲のインストゥルメンタルが3曲。全6曲で構成されています。楽しく踊りましょう。



落ちていくリズム、落ちていくビート ~FALL DOWN By madrob_beats~

/ 2015年9月20日 /

この方の作品を取り上げるのはずいぶん久しぶりなような気がします。日本人ビートメイカーのmadrob_beatsの作品です。スタイルはほとんど変わっておらず、ダークな雰囲気のインストのヒップホップを展開しています。

聴き手を暗がりに導くような妖しげなムードと、深く沈み込んでいくビートは健在でやっぱりかっこいい! タイトルのとおり、落ちていく……、音が暗がりに沈み込んでいくような音楽です。

それでも中盤から後半ではキーボードのメロウなメロディを聴かせたり、ちょっとファンキーなリズムを叩き出したりして、フワッと、あるいはグッとテンションを持ち上げる瞬間もあります。

madrob_beatsは他のビートメイカーともコラボレイトしているようなので、そちらの作品も気になるところ。ぼくは期待してますよ、ホントに。楽しみです!



テキサスの優良レーベル、オールウェイズ・プロパーからまたしてもかっこいい作品がリリースされました。 ~Is This Cool? By Sokro~

/ 2015年9月19日 /

いつもかっこいい音源をリリースしている、テキサスの優良レーベルであるオールウェイズ・プロパーから、またしてもかっこいい音源がリリースされました。このレーベル、すばらしいですよ。

今回リリースされたのはSokroなるロサンゼルスのビートメイカーの作品。メランコリックなインストのヒップホップを展開しています。ダークな雰囲気が強く出てはいるのですが、優雅というか、まろやかというか、そんな雰囲気も感じます。

ゆったりとたゆたうように流れていく弦楽器やホーンの音が印象的。ヒップホップのリズムをベースにして、イージー・リスニングっぽいウワモノを乗っけた感じ?と言ってもよさそう。ゆえに、優雅でまろやか……。



クッキーが好きなビートメイカーによる、上品なジャジー・ヒップホップ ~Jazz Cookies Vol. 2 By Sup Nasa~

/ 2015年9月17日 /

ほぼタイトルのとおりと言っていい、上品で洗練された雰囲気を漂わせる、インストゥルメンタルのジャジー・ヒップホップです。冒頭のなまめかしいサックスの音からして、いい感じではありませんか!

1曲目を聴き終わったときにはちょっと古めかしいジャズを取り入れいているのかと思いましたが、2曲目以降はフューチャー・ジャズっぽいテイストが強く出ているように感じます。上品な雰囲気がそう思わせるのでしょう。

4曲目のヴォイス・サンプルとピアノがゆったりと絡み合うところ、5曲目のサックスとギターが小気味よく転がっていくところ……、こんなところに心を惹かれます。

作者はイタリアのSup Nasaというビートメイカー。クッキーと音楽が好きだから、このタイトルにしたようです。



ダークな雰囲気なのに気持ちを和ませてくれるインストゥルメンタル・ヒップホップのDJミックス ~Hokusai Mixtape By A'daleis~

/ 2015年9月16日 /

タイトルが和風なので、和風の曲が並んでいるのかと思いきや、特にそんなこともないヒップホップのDJミックス。ダークな雰囲気のインストゥルメンタルのヒップホップが多いのですが、まったりしていていい感じ!

個人的にはジャジーなピアノが聴こえてくる4分40秒以降の展開が好きです。子守唄のような歌声や牧歌的なホーンの音、そして南国風の曲が聴こえてきて、ダークな雰囲気なのに和ませてくれます。

音楽的にはジャズとソウルを絡ませたヒップホップが中心です。古いレコードからサンプリングしたかのような、ヴィンテージ感のある心地よい音がゆったりと流れていきます。チルアウト・タイムに聴きましょう。無料でダウンロードできます。



Tracklist;

Jasperino- clarity
sandpeople-asteriods
ed ethics-huhh
Green Assassin Dollar- 時々
Jasperino & Sugar Cane Davis- one.day
Jote Ese-Nina pt2
Guru Griff-TheReal
Onawahh- Coffee-&-smokes_wav
oxela(x)chump-Nostalgia
A'daleis-Tiki Idol
Jasperino & Sugar Cane Davis-Jungle
[sir]-sulfur
sorko-cinnamnTCrunch(1frChlorRks)
Spellwrks- The Watcher
Sugar Cane Davis-sent
Guilty Simpson-The Music

purpan.が相変わらずかっこいいビートを聴かせています ~raw.edits.4. By purpan.~

/ 2015年9月13日 /

以前、アメリカのビートメイカーであるpurpan.の『raw.edits.3.』というタイトルの音源を紹介しました。今日紹介するのはその音源の第4弾という位置づけのものだと思います。『raw.edits.4.』なるタイトルの音源です。

今回もナイスなインストゥルメンタルのヒップホップを聴かせています。そしてこれまでの音源と比べると、ファンクやソウルのテイストがやや強く出ているような感があります。リズムがちょっとファンキーになったかな?



一日の終わりのBGM ~ Roy Ayers - Sweet Tears // Brownswood Basement Session~

/ 2015年9月10日 /

ヴィブラフォン奏者であるロイ・エアーズのライヴ映像(セッション映像?)がアップされていました。心地よくて、色気があって、気持ちいい! 

チルアウト感たっぷりのソウル・ミュージックとでも言っておきますか。一日の終わりはこれを聴いて終わりましょう。



しっとりとした質感の心地よいビートが淡々と続く…… ~Love Journey By Aso~

/ 2015年9月9日 /

この音楽は雨の日に合うかなと思ったのですが、今日のような強い雨の日には合わないかもしれません。雨がしとしとと降る日にはこれを聴きましょう。しっとりとした質感のビートが静かに降る雨のように響いています。

アメリカのビートメイカーであるAsoがこれまでにサウンドクラウドにアップした曲をまとめたものなのでしょうか? 音源の詳細はよく分かりません。おだやかな雰囲気のジャジーなインストゥルメンタル・ヒップホップを展開しています。

落ち着いたテンポ/リズムの上に、リリカルなピアノやギターのフレーズ、ふんわりとした軽やかな電子音が乗る曲が中心です。秋っぽい、哀愁のようなものを感じる瞬間もあります。ヌジャベスが好きな人は好きになりそう。

洗練されていて、とてもおしゃれ。都会の夜景をホテルの最上階からながめているかのようなおしゃれ感……とでも言うかな? どの曲もすっきりとシンプルにまとめられているのもいい。気持ちをしっとりと静めたいときにはぜひこの曲たちを。



心地よい感覚が淡々と続いていく、夜に合いそうなまったりとした雰囲気のインストゥルメンタル・ヒップホップ ~REEL STREET JAZZ By BluntOne & MUJO情~

/ 2015年9月8日 /

これは傑作! 心地よくて、そしてかっこいい! 実にいい感じです。ダウンテンポの心地よさとヒップホップのワイルドさがいいバランスで融合しています。ジャズのテイストもけっこうあります。

bluntoneとMUJO情というハンガリーの2人のビートメイカーによるコラボレイト作品です。コラボレイトとは言っても、共作した曲が並んでいるのではなく、それぞれ別々に制作した曲が順番に並んでいます。

そういう作りであるにも関わらず、何なんでしょうか、この統一感は。ほぼ同じテイストの曲が並んでいて、統一感はばっちり。軽めのリズムにリリカルな雰囲気のピアノやなまめかしいホーンが乗っていく、インストゥルメンタルのジャジー・ヒップホップを展開しています。

気持ちを上げもしなければ、下げもしない、淡々としたところがよくて、少しお酒を飲んで、じんわりと酔っ払ったときの心地よさを感じます。一定の心地よい感覚が途切れることなく続いていく……、といったところですかね。

夜に合いそうな色気やしっとりとした雰囲気があるので、いい夜のお供になってくれそう。夜、家でお酒をちびちびと飲みながら、のんびりと聴いてみてはいかがでしょうか。



揺らめくリズムと崩れ落ちるようなピアノのメロディの絡み合いがスリリング!なインストゥルメンタル・ヒップホップ ~complete short beats for prepared piano By JΞSVS LỌ5T~

/ 2015年9月6日 /

ギレルモ・スコット・ヘレンのプロジェクトであるピアノ・オーヴァーロードやヌジャベス、ロバート・グラスパー……、などが好きな人は好きかも。ジャジー・ヒップホップ好きはぜひチェックしてみてください。

揺らめくリズムの上にリリカルな雰囲気のピアノが鮮やかに乗る、ジャジーなインストゥルメンタル・ヒップホップです。ゆったりとしたテンポでありながら、揺れるリズムと崩れ落ちるようなピアノのメロディの絡み方がスリリングでかっこいい!

作者はJΞSVS LỌ5Tという表記のイギリスのビートメイカー。Jesus Lostというのがアーティスト名らしく、少し表記を変えているようですね。ジーザス・ロストと読むのだと思います。

サウンドクラウドに曲をいくつかアップしていますが、正式な作品のリリースはなさそう。今後チェックすべきビートメイカーがまた一人増えました。



ブーム・バップとチルアウトが出会ったようなYoutaroの新曲 ~Passage of Time By Youtaro~

/ 2015年9月5日 /

日本人ビートメイカーのYoutaroが新曲をリリースしていました。太いビートがグッと沈み込み、その上にきらびやかな電子音が乗る、ブーム・バップとチルアウトが混ざり合ったような曲です。

心地よさは相変わらず。にぎやかで楽しそうなラップが乗った、2曲目のリミックスもいい感じ! いずれリリースされるであろう、フル・アルバムのサイズの作品が楽しみになります。前作『Filament』も傑作なので、ぜひ聴いてみてください。



Moose Dawaによるコモンやデ・ラ・ソウルの曲のリミックスがいい感じ ~Moose Dawa Remixes~

/ 2015年9月3日 /

スウェーデンのMoose Dawaというビートメイカーによるリミックスの音源がいい感じなので紹介します。コモンやデ・ラ・ソウル、エリカ・バドゥなどの曲をリミックスしています。

わりとダークな雰囲気に作り替えていて、どの曲もかっこいい! 程よくあたたかみのあるモコモコとした質感のリズムが気持ちいいのもいいです。

ヒップホップやソウル、R&Bのアーティストの曲が並んでいる中で、ジャザノヴァの曲をリミックスしているのがちょっと意外。



ブダモンク ライヴ映像 ~BudaMunk Feat. jjj - Everywhere @ Groove Comedy vol.2~

/ 2015年9月2日 /

日本人ビートメイカー、ブダモンクのライヴ映像がアップされていました。暗い空間に揺らめくビートが流れる……、この感じがかっこいい!



Phoniksによるインストゥルメンタル・ヒップホップが相変わらずおしゃれでいい感じ ~Phoniks - New Beats For Sale (8/20/15)~

/ 2015年9月1日 /

これも昨日紹介したAJMWの作品『Insight』に似た、まったりとした雰囲気のインストゥルメンタル・ヒップホップです。アメリカのビートメイカーであるPhoniksがサウンドクラウドに定期的にアップしている音源で、とても心地よくていい感じ。

音楽的にはPhoniksらしいソウルとジャズを取り入れたヒップホップ。ピート・ロックやダム・ザ・ファッジマンクなどといった90年代路線……といった感じですか。しっとりとした質感のリズムとツヤのあるウワモノのフレーズが混ざり合い、アーバンな雰囲気を生み出しています。おしゃれ!



 
Copyright © 2010 The Day's Sounds, The Day's Words , All rights reserved
Design by DZignine . Powered by Blogger