RSSリーダーで購読する

一日の終わりにはこのソウル・ミュージックを ~eat her out to this By emune~

/ 2016年3月30日 /

これまたいい音源。アメリカのビートメイカーであるemuneが一日の終わりに聴くのにちょうどいい、リラックスした雰囲気を漂わせる、心地よい音楽を聴かせてくれています。これはビートテープではなく、DJミックスなのではないかな?

まどろみに誘うようなフューチャー・ソウルからまったりとしたダウンテンポ、こじゃれたブレイクビーツまでをゆったりとした流れの中でミックスしています。ゆっくりとトロけていくような、そんな心地よさ……。



こじゃれていて、そしてダンディなジャジー・ヒップホップ ~the jazz files vol. 1 By sandpeople~

/ 2016年3月29日 /

このドイツのビートメイカー、サンドピープルと読むのでしょうか? すでに作品をいくつかリリースしていて、その中でもこの『the jazz files vol. 1』が個人的にもっとも気に入った作品だったので、今回紹介します。

タイトルの通りジャジーなヒップホップ……、それも古いジャズのレコードから音をサンプリングして作ったような印象を受けるヒップホップを並べた作品です。落ち着いて楽しもうじゃないか、とでも言っているかのような大人の空気を感じます。

また、スカスカのリズムの上で小躍りするピアノのメロディが実におしゃれ! そしてそれと同時に楽しく愉快でもある、そんなファニーなインストゥルメンタル・ヒップホップ集。



気持ちよく酔わせる、色気のあるスモーキーなヒップホップ集 ~The Smoking Section Vol. 01 By Various Artists~

/ 2016年3月28日 /

タイトルの通り、煙たい曲を集めたコンピレーション・アルバム。正確に言うと、煙たいヒップホップですね。この手の音楽のアルバムを多くリリースしているドイツのヒップホップ・レーベル、レディオ・ジューシーからのリリースです。

全30曲トータルタイム約70分に渡って、ゆったりと落ち着いた気持ちにさせる、あたたかみのあるヒップホップが続いていきます。スピーカーから溢れ出てくるような厚みのあるリズムと、ソウルフルであったり、ジャジーであったりする、色気のあるこじゃれたウワモノのメロディが気持ちよく重なり合っています。

けっこうなボリュームのある作品なので、この手の音楽を堪能するにはじゅうぶんと言ってもいいぐらい。インストゥルメンタルのヒップホップやチルアウトのテイストがあるヒップホップをこれから聴いてみようという人にもおすすめ。ラップが入っている曲もありますが、インストゥルメンタルが中心です。

PawcutやBluestaeb、CoryaYoなどといった海外のビートメイカーはもちろん、ヨウタローやブダモンクなどの日本人ビートメイカーの曲も収録されています。この人たちの曲なのだから、悪いはずがないと思って聴いてみたら、やっぱりよかった。まったりと気持ちよく酔えます。さあ、酔いましょう。



クールでソウルフルな心地よいブーム・バップ ~Tarostrumentals By Yotaro~

/ 2016年3月26日 /

いつも気持ちのいい太いビートを聴かせてくれる日本人ビートメイカー、ヨウタローの新作です。ここでもスタイルは変わることなく、2000年以降のビート・ミュージックを通過したブーム・バップ……、といったおもむきの音楽を展開しています。

全体の雰囲気はほんわりとあたたかく、ジャズから引っ張ってきたクールなメロディやソウルのレコードからサンプリングしたようなメロウなメロディ、そしてヒップホップらしいワイルドな展開を挟み込みながら進んでいくという作りです。

ユラりと揺らめくような酩酊感が何よりも心地よく、それと同時にヒップホップが持つワルさやストリート感も漂わせていて、そんなところもまたいい!



Phoniksによるア・トライブ・コールド・クエスト「ワンス・アゲイン」のリミックス ~1nce Again (Phoniks Remix) By Phoniks~

/ 2016年3月25日 /

アメリカ・バージニア州のビートメイカー/DJであるPhoniksがア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)の「ワンス・アゲイン」のリミックスをアップしていました。とは言っても、過去にアップしていたものなので、アップし直したものです。

先日、ATCQのメンバーであるファイフ・ドーグが亡くなったので、そのことを受けて哀悼の意を表して……といったところなのだろうと思います。原曲よりもややポップになり、あたたかみのある音が心地よい、ソウルフルな曲に仕上げています。



※原曲


真夜中の暗がりに沈みこむロウなビート ~EVENT HORIZON By henneysee~

/ 2016年3月24日 /

ビートメイカーのhenneyseeがサウンドクラウドにアップしている音源がいい感じなので紹介します。音楽的にはダークな雰囲気を漂わせる、ソウルとジャズを絡めたローファイなインストゥルメンタルのヒップホップ。

10分にも満たない短い音源でありながら、11曲もの曲を使っているようです。通して聴くと組曲を聴いている感覚を覚えます。

真夜中の路地裏を歩いてるような、あるいは墓場を歩いているような、そんなダークな雰囲気がとてもいい。そして時おり挿し込まれるコズミックな音が、異世界のさらに深いところへと導くかのように響いています。



Tracklist:

1. crystl [0:00-1:01]
2. its lit then [1:02-1:53]
3. bumper [1:54-2:42]
4. errol [2:43-3:22]
5. modinha [3:23-4:34]
6. vibrato gadaffi [4:35-5:19]
7. other meridians [5:20-6:08]
8. space log no. 7 [6:09-6:54]
9. hawk's shaw [6:55-7:45]
10. buyao mingle [7:46-8:52]
11. breakbeat lu [8:53-9:50]

ダウンテンポとジャジー・ヒップホップを心地よくミックス ~Radio Juicy S02E18 (Odds & Ends by Occult & Faded)~

/ 2016年3月23日 /

いつもクオリティの高いDJミックスをアップしている、ドイツのヒップホップ・レーベルであるレディオ・ジューシーのDJミックスシリーズの最新作。今作ではジャズのテイストを注ぎ込んだ、ゆったりとしたテンポのダウンテンポを展開しています。

今回ミックスを担当したのはOccult.とFadedという2人の人物。トロンと揺らめくホーンとクールな響きのピアノ、そしてスカスカした質感のビートを絡み合わせ、まったりとした心地よい空気を生んでいます。約17分の短いDJミックスです。サラッと聴きましょう。



ボーズ・オブ・カナダとヌジャベス、J・ディラの出会い? ~Omega By Lidly~

/ 2016年3月21日 /

ボーズ・オブ・カナダの心地よいダウンテンポと、ヌジャベスやJ・ディラのリリカルかつメランコリックなジャジー・ヒップホップが混ざり合ったような? そんな音楽を聴かせる作品。作者は日本人ビートメイカーのLidlyです。

2曲目まではダークな雰囲気のダウンテンポを聴かせておいて、それ以降はリリカルであったり、メランコリックであったりするメロディを随所に聴かせる、ゆったりとしたテンポのジャジーなブレイクビーツへと展開していきます。

しとしとと降る雨に濡れたようなしっとりとした質感の音が、日本人らしい憂いを帯びた雰囲気を生んでいく、2曲目以降の流れが個人的には特に好きです。繊細に響く音が耳に心地よく入ってきます。静かな夜に聴いたら、ハマりそう。

タジマ・ハルやロボット・オーケストラ、ヨウタローなどとの共作曲があり、そしてジャケットもいい!



この手のこじゃれたジャジーなヒップホップはいつ聴いてもいいもの ~then that broke up By ONEHALFHUMAN~

/ 2016年3月20日 /

これまたジャジーなこじゃれたインストゥルメンタル・ヒップホップ!  このブログで一度取り上げたことのあるアメリカのビートメイカー、ONEHALFHUMAN(ワンハーフヒューマンと読むのかな)の作品です。

冒頭の転がるピアノのフレーズからこじゃれた空気を漂わせます。全編に渡ってピアノやサックスからギターなどによるジャジーなフレーズ、そしてヴォイス・サンプルをうまく絡めながら、ステキな世界を描いていきます。

アナログ感のあるあたたかい音が、ゆったりとしたリズムを刻む脱力したビートの上に乗っていくさまに耳を傾けていると覚えるのは、太陽の光の下でまどろむような感覚。天気のいい午後の音楽に聴きたい、そんな音楽です。

大人びたおしゃれな雰囲気ではなく、Bボーイの感性があるとも言える、子供っぽいむじゃきな感じが出てきているのがヒップホップらしいというか、ストリート感があるというか。そういうところがあるのがいい! 充実作でございます。



purpan.による、ユルく心地よいローファイなインストゥルメンタル・ヒップホップがふたたび ~weather. (beattape) By purpan.~

/ 2016年3月19日 /

アメリカ人ビートメイカーのpurpan.が定期的にアップしているビートテープの新作がアップされていました。ここでも変わることなく、ユルく心地よいローファイなインストゥルメンタル・ヒップホップを展開しています。

クールにこじゃれたジャズから、ゆったりとたゆたうソウルまで……、バランスよくミックスし、ヒップホップの中に溶け込ませています。



まったりとしていてこじゃれていて、そしてかっこいい、ユルいインストゥルメンタル・ヒップホップ ~smoke a blunt & cruise to this By emune~

/ 2016年3月17日 /

アメリカのビートメイカーであるemuneがとてもいい音源をサウンドクラウドにアップしていました。この人のことはユルいヒップホップの名手と言っていいでしょう!

こじゃれたジャジー・ヒップホップから心地よく沈み込むダウンテンポ、そしてソウルフルであったり、ファンキーであったりするブレイクビーツまでを気持ちよく聴かせてくれる音源です。

全編に渡ってまったりとした雰囲気が続いていきます。その中のところどころに挟み込まれたジャズやファンクから引っ張ってきたリズムとフレーズ、ワイルドなラップがいいアクセントになっています。

こじゃれていて、かっこよくて、心地よい音源。DJミックスのように全体がスムーズに流れていく作りになっているのもいい!



極上のチルアウト・ヒップホップ ~Kadode ep(Free DL) By matatabi~

/ 2016年3月16日 /

日本人ビートメイカーのmatatabiが自身のサウンドクラウドのフォロワーが4000人を超えたことを記念して(なのですかね?)、新曲をアップしていました。この人の曲を取り上げるのは久々です。

久々に聴いてみたら……、やっぱりいいですね! matatabiならではのユーモアとユルさは健在でした。冒頭のピアノの音からググッと引き込まれます。

チルアウト感のあるローファイなヒップホップというスタイルは当然のように変わっておらず、“Kadode=門出”というタイトルにふさわしい、春のあたたかな陽光に包み込まれるような心地よさを覚える音楽に仕上げています。



ヒップホップとニュー・ディスコ、ディスコ・ファンクが織り成すファニーな音楽 ~nstrmntls vol. 1 By breve~

/ 2016年3月15日 /

うるおいのあるやわらかな風に吹かれ、あたたかいおだやかな春の日差しに包み込まれる……。今回はそんな感覚を覚えるインストゥルメンタルのヒップホップを紹介します。breveなるアメリカのビートメイカーによる作品です。

ここではヒップホップとユルいディスコ・ファンク(ニュー・ディスコと言った方がいいかな)を同じくらいのバランスでミックスした、何ともファニー!な音楽を展開しています。

古いレコードからサンプリングしたのかなと思わせる、ローファイな質感のソウルやファンクがヒップホップと仲良くたわむれているか、じゃれているかのよう。

そしてもっとも大きな特徴は気持ちのいいユルさ! これが何よりもいい。温泉につかってウトウトしている気持ちにさせる……、という形容も加えておきますか。そういう気持ちよさを覚えます。



坂本龍一のヒップホップ ~Undercooled By Ryiuchi Sakamoto~

/ 2016年3月12日 /

坂本龍一もヒップホップを作っていたよなあと思って、ユーチューブの映像を探してみたら、ライヴ映像がありました。やっぱりかっこいい! 小山田圭吾による間奏のギターも!





トラップとヒップホップ、そしてシティポップが混在する異様な雰囲気の音源…… ~junipine EP By wundabred~

/ 2016年3月11日 /

これはDJミックスなのか? ビートテープなのか? “EP”と書いてあるので、ビートテープなのかな? wundabredと名乗る人物による、何だか異様な雰囲気を漂わせる音源です。異様な……というのはもちろんいい意味で。

トラップ風の曲でスタートして、突然ヌッと出てくるシティポップや昭和歌謡、そしてヒップホップ。10分に満たない短い尺の中に違うもの同士を詰め込んでいて、聴いていると独特の異物感を覚えます。



フィメールMC、ラプソディのライヴ映像 ~Rapsody: NPR Music Tiny Desk Concert~

/ 2016年3月10日 /

フィメールMCのラプソディがタイニー・デスク・コンサートに出演したときの映像がアップされていました。2016年1月にアップされた映像なので、取り上げるのがだいぶ遅くなりました。

シンプルなリズムと宙にフワッと舞うキーボード、色っぽく絡むサックスと至ってクールなベース……、これらから構成されるジャジーでソウルフルなバックのサウンドがとてもいい。そして余裕たっぷりの軽い語り口で発せられるラプソディのラップももちろんいい!



キュートでおしゃれなインストゥルメンタルのジャジー・ヒップホップ! ~waiting (beat tape) By Know One~

/ 2016年3月9日 /

これはおもしろいビートテープ! 冒頭の何かのナレーション(?)のような音声からして、おやっと思わせるユニークな空気を漂わせています。作者はイギリス・ロンドンのKnow Oneと名乗るビートメイカーです。

このビートテープではこじゃれていて、そしてキュートなジャジー・ヒップホップを展開しています。チープでローファイな音や、どこか抜けているというか、すっとぼけているというか……、そんな独特の雰囲気がいい味を出しています。

作者のKnow Oneは正式な作品をまだリリースしていないらしく、作品が見つからないので、今後のリリースに期待しましょう。楽しみ!



心地よいインストゥルメンタル・ヒップホップの作り手の名手2人によるコラボレイト作品 ~SP​-​ECIALS by emune & Mujo情~

/ 2016年3月8日 /

emuneとMujo情という2人のビートメイカーによるコラボレイト作品です。2人が別々に制作した曲が交互に並ぶ、J・ディラとマッドリブのコラボレイト作品『チャンピオン・サウンド』と同じ構成になっていて、共作した曲は入っていません。

サイケデリックでローファイなインストゥルメンタル・ヒップホップというスタイルは両者に共通しているところ。emuneはそこにソウルとベース・ミュージックを加えていて、Mujo情はジャズを加えています。

emuneの曲にある海の底に潜っていくようなくぐもった低音域の音、Mujo情の曲にあるクールでこじゃれたジャズのフレーズ、これらがそれぞれの曲の魅力です。テイストはお互いに少し異なりますが、通して聴いても、それほど違いは感じません。

どちらの曲にもまったり感と言いますか、沈み込んでいく感じと言いますか、そういった雰囲気があって、心地よいチルアウト・ミュージックとして聴けるのがいい!



DJハリソンの新作がリリースされるようです。 ~Slyish (available 4.8.16) By DJ Harrison~

/ 2016年3月7日 /

4月にDJハリソンことデヴォーン・ハリスの新作がリリースされるようです。英語がそれほど得意ではないので、間違っていたらスイマセン……。

もしも間違っていたとしても、サウンドクラウドにアップされているDJハリソンの曲はとてもいいので、チェックしてみてください。新作の音源のようです。

この新しい音源はこれまでの作品と比べると、音の粒が粗く、ローファイになっていて、曲の作りが少しラフ。そして音楽的にはジャズ・ファンクやブルース・ロックと言えそうなインストゥルメンタルを展開しています。



週末の夜のヒップホップとダウンテンポ、そしてチルウェイブ ~smuv, Giraffage, emune, and eclectic & SuMi~

/ 2016年3月6日 /

週末の夜はまったり過ごしましょうよ、ということで、まったりとした心地よいインストのヒップホップやダウンテンポっぽい曲を集めました。今夜は下に並べた曲を聴いてチルアウトしてください。

*


「moon_beams」という曲名からしていいですね。スカスカのリズムの上にリリカルなピアノのメロディがサラッと乗るインストゥルメンタル・ヒップホップ。作者はドイツのビートメイカー、smuv。

*


いままで知らなかったGiraffageなるビートメイカーと言えばいいのか、クリエイターと言えばいいのかどちらか分からない、詳細は何も分からない人物による曲。チルウェイブとソウルを混ぜ合わせたような音楽です。

*


くぐもった低音域の音がいい感じのインストゥルメンタル・ヒップホップ。ユルいヒップホップの名手と言ってもいい、emuneによる曲。

*


このダウンテンポもくぐもった低音域の音が心地よい。グルグルと旋回するようなウワモノのフレーズもまたいい感じです。eclectic sound、SuMi、mndbdという3人の人物(で間違いない?)のコラボレイトによる曲のよう。

大阪のヒップホップ・レーベル、ディープコンストラクションレコーズ ~deepconstructionrecords's sounds on SoundCloud~

/ 2016年3月5日 /

大阪のディープコンストラクションレコーズというレーベル……。このレーベルいいですよー。サウンドクラウドにアップされている音源をチェックしてみたら、やたらかっこいい音源がずらずらっと並んでいました。

暗闇を妖しくたゆたう煙を思わせるスモーキーなサウンド、ワルくて、そしてワイザツな雰囲気……、それらが重なり合ったアングラ感たっぷりのヒップホップ。そんな音楽を展開しています。ジャズのワルさとソウルの甘さをヒップホップに注ぎ込んだような、といった感じでしょうか。

アンダーグラウンド・ヒップホップという言葉に反応する人が好きになりそうな音楽です。いやー、何でいままでこのレーベルの存在を知らなかったのかと思っております。日本は広いですね! これから他の音源もチェックしないと……。

また、音源だけではなく、映像もユーチューブにアップしていて、これもまたいいんです。映像もぜひチェックしてみてください。











ヒップホップからジャズやソウル、そしてダブを通過するサウンド ~DIRTY TAPES TUAMIE GUEST MIX~

/ 2016年3月4日 /

今日はTUAMIEなるアメリカのビートメイカーのDJミックスを紹介します。ヒップホップを軸にして、ジャズやソウルからダブまでを横断していくような内容です。

ダークでワイルドな雰囲気、ユラりと揺らめく心地よいリズム、色気のあるウワモノのフレーズ……、などなどいいポイントが多数。TUAMIEはビートテープもリリースしているようなので、これからチェックしてみます。



Orion Anakarisのプレイリストがステキ! ~Orion - Playlist 35~

/ 2016年3月3日 /

イギリスのヒップホップ・レーベル、HardJazz7のボス(と言っていのかな?)と思われる、Orion Anakarisがアップしているプレイリストがとてもいい! ステキな曲を聴くことができるプレイリストです。

この“Playlist 35”は家で聴くのにちょうどいい、しっとりとした質感のメロウなヒップホップやソウル、R&Bが中心。微妙な差はあるとしても、他のプレイリストも大体同じようなテイストです。

このプレイリストは頻繁にアップされているので、この中から好きなものを探してみてはいかがでしょうか。夜、家で過ごすときに聴きたい音源が見つかると思います。



Tracklist:

Rihanna - James Joint
Tweet - My Place
Black Milk & Nat Turner - Sunday Outtake 2
Carmen Rodgers - Beyond The Stage
Ahwlee - Tandem.
Binary Star - New Hip Hop
Epidemic - From The Beginning
DJ Honda - Blaze It Up (feat. Black Attack)
Denmark Vessey - Gasoline
Nyck Caution - Inspire The Escape

yagiなるビートメイカーによる、こじゃれたローファイ・ヒップホップ ~Live at Subtleblend in Toronto By yagi~

/ 2016年3月2日 /

このyagiというビートメイカー……。日本人ビートメイカーのyagiとは別人なのでしょうか? ……というのは情報がなくて分からないので、置いておくとして……。このビートメイカーがサウンドクラウドにアップしていたライヴ音源がクールなので、今回はそれを取り上げます。

基本的にはチルアウト感のある、力の抜けたローファイなヒップホップです。ほんのりと加えられたジャズのテイストがスカした雰囲気を生んでいて、この音源をこじゃれたものにしています。



不穏な雰囲気を漂わせるポエトリー・リーディング ~PAIN KILLER By KAKUNAMI x NICKELMAN~

/ 2016年3月1日 /

この前取り上げたNICKELMANなる日本人ビートメイカーが関わっている音源が、サウンドクラウドにアップされていました。色気があって、それと同時に不穏な雰囲気を漂わせる、ダブとヒップホップの中間にあるような音楽を展開しています。

全編に渡ってポエトリー・リーディングが入っていて、このポエトリー・リーディングのヤサぐれ感がトラックの空気によく合っています。今回の音源もかっこいい!



 
Copyright © 2010 The Day's Sounds, The Day's Words , All rights reserved
Design by DZignine . Powered by Blogger