RSSリーダーで購読する

クラシカルなブラック・ミュージックを下敷きにしたヒップホップ、英国より来たる ~Yesterday's Gone By Loyle Carner~

/ 2017年7月26日 /

グライムを飛び越える、とかキャプションに書いてあるので、グライムに近いものかと思って聴いてみたら全然違いました。イギリス・サウスロンドン出身のMCであるロイル・カーナーのデビュー作『イエスタデイズ・ゴーン』。イギリスのヒップホップというから、ルーツ・マヌーヴァやディジー・ラスカルみたいなものをイメージしましたが、それとも別物であるように思います。

何しろトラックが実にクラシカル。クラシカルなソウルやジャズ、ブルース、ゴスペルをほとんど加工することなく取り込んでいる感じ。伝統的なブラック・ミュージックに忠実であるかのごときこの感覚は、スピーチ・デベルのデビュー作に近いのではないかと、そんなことを思いました。

少しばかりジャジー、そしてブルースの味わいを含んだクリーン・トーンを主体にしたエレクトリック・ギター、クールに淡々とリズムを刻むドラム、ドラムに歩調を合わせるベース、硬質な音のピアノ、遠くで鳴っているかのようなサックス……、といった音たちでトラックは構成されています。

このトラックは曇りがかった空を想起させるモノクロームな色彩を帯び、メランコリックな雰囲気を漂わせます。その上に乗るカーナーのラップは語りかけるように落ち着いていて、ポエトリー・リーディングと思える瞬間も。穏やかなしっとりとした空気を行き渡らせていくようなラップです。

この作品が漂わせるメランコリックな雰囲気はマッシヴ・アタックやジ・エックス・エックス、サンファなどに象徴される、イギリスのポップ・ミュージックによくあるもの。そう考えると、これはイギリスならではのヒップホップと言えそうです。







0 コメント:

コメントを投稿

 
Copyright © 2010 The Day's Sounds, The Day's Words , All rights reserved
Design by DZignine . Powered by Blogger
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...